効果音フリー素材について

0595960308aebee2d0d1ec882b0a3f6a_m

一言で効果音といっても様々な効果音があります。映像や画像などの作品、歌舞伎などの演劇やラジオや音声のみの作品において動作を強調したり表現したりするためにもちいられる素材のことです。効果音の製作には本物の音を使用したりパソコンやミキサーなどで人工的に作られるものがあります。皆さんが日頃よく耳にする効果音として時代劇の殺陣などで使われている効果音としてバッシュなどといった音や馬が走る際になるパカパカと言った効果音があります。
そもそも効果音とは動作を強調する素材の音です。略称はse〔soundeffect〕。

効果音の歴史についてですが西洋音楽史にオールおいて作曲家が効果音を指定したのは早くモンテヴェルディが最初だと言われております。弦楽器にトレモロと言った演奏を取り入れて劇音楽において効果を上げたと言われています。これを取り入れて様々な作曲家たちが効果音を様々な打楽器で指定するようになった。日本の歌舞伎でも下座音楽として様々な打楽器効果音を用いれなれる様になりました。

効果音はありとあらゆる種類の音がフリーの効果音素材になりえます。
映像作品においては、BGMや出演者のセリフを除いたすべての音が効果音といっても過言ではありません。
アクション系の映像作品であれば、銃声、爆発音、殴る音、走る音、刀の音などがあります。
自然のシーンにおいては川のせせらぎ、波の音、鳥のさえずり、風の音、雨の音、雷の音などがあります。
街の音では、雑踏、車の音、クラクション、自転車の音、人のざわめきなど。
曲の歌詞でも色々な音が登場しますよね。

乗り物では、電車の発車音、踏切の音、車のエンジン音、飛行機の音、クラクションなどがあります。
例えば、皆さんがすごくなじみのあるところでは、クイズの正解音「ピンポーン」や不正解音「ブブー」も立派な効果音ですね。
また、ゲームでいうと、例えばマリオシリーズのコインをとるときの「チャリーン」という音などは、
マリオシリーズをプレイしたことのある方なら誰もが思い浮かべるのではないかと思います。

世の中にはありとあらゆる音があり、それらがすべて効果音ともいえます。

生命保険の口コミ.COM お家の見直ししま専科 マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 超SEO対策 SEOアクセスアップ相互リンク集

コメントは受け付けていません。